Loading
外壁・屋根塗装の必要性

外壁・屋根塗装の必要性

「どうして外壁塗装・屋根塗装をするの?」「しなくても住めるよね?」と、外壁・屋根塗装の必要性に疑問を持つ方は多いのではないでしょうか。
実際に何十年もメンテナンスをせずに住み続けている方もいらっしゃいます。
しかし、お家も人間と同様いつまでも美しく元気でいられるわけではありません。メンテナンスを行ない、健全な住まいをサポートしてあげる必要があります。
このページでは外壁・屋根塗装の必要性とタイミング、費用について詳しくご説明いたします。

外壁・屋根塗装の必要性

外壁や屋根のリフォームは10年が目安と言われています。その理由は、10年も経つと外壁や屋根の塗装が剥がれたり塗装の効果が無くなり、お家を守る機能を果たせなくなるからです。
そもそも家は、常に太陽の熱や紫外線、雨風にさらされています。目に見えない被害がなくても知らず知らずのうちにダメージを受けています。
メンテナンスをせず放っておくと、雨漏りの原因になったり家の土台にまで水が侵食し亀裂が入ったりと、住まいとしての機能を果たせなくなる可能性があります。
また、そうなると既に末期の状態で、部分的な修理ではなく大がかりなリフォームをしなければいけなくなったり、その分の膨大な費用が掛かってしまう恐れがあります。
そのため、大切なお家を守り、安全に暮らすためには定期的な外壁・屋根のメンテナンスが必要なのです。

外壁・屋根塗装の目的

外壁・屋根塗装の目的は、主に3つあります。

建物を保護する
②美観を保つ
③補修費用を押さえる

それぞれの目的について詳しく見ていきましょう。

建物を保護する

上述したとおり、建物は常に紫外線や雨風に晒されてダメージを受けています。
外壁や屋根の塗膜には寿命があり、約10年と言われています。剥がれたり風化することで、水が浸透したりヒビが入ったりして家の土台にまで影響を及ぼすことがあります。
当然のことながら、そのような状態になってしまうと安心して住めなくなります。
そうならないために、外壁や屋根に新たに塗装を施し建物全体を保護することが大切です。
また、塗料の種類によって効果もさまざまですので、今のお家の状態に合わせて適切な塗料を選ぶことが重要です。

美観を保つ

外壁や屋根は外から見えるものです。塗り替えて綺麗にしたり色を変えることで違った印象を与えることができます。
また、 ヒビがはいっていたり劣化している状態が目につくと、災害が起こったときなどにこちらに被害が及ばないかと周囲に不安を与えてしまう可能性もあります。

補修費用を抑える

外壁・屋根塗装は、塗装する面積によって費用は異なりますが、約100万円ほど掛かります。決して安いものではないので、躊躇される方も多いです。
しかし、これまで述べてきたように外壁や屋根が劣化した状態だと確実に雨が建物に侵食し、土台となる木材や鉄筋、土を腐らせてしまいます。さらにひどくなるとシロアリの住処になり、別の費用が掛かってしまうこともあります。
そのような状態になると、補修費用は100万円では済まなくなります。
長く住むことを考えるのであれば尚更、取り返しが付かなくなる前に普段から定期的なメンテナンスをすることが大切です。

外壁・屋根塗装のタイミング

外壁・屋根塗装をおこなうタイミングは、次のような症状がでている場合です。

壁を触ると粉がつく(チョーキング)

壁を触ると白い粉がつく状態をチョーキングと言います。チョーキングは、雨風や紫外線により塗膜が劣化して起こる現象です。

藻や苔が生えている

外壁や屋根に藻や苔が生えている状態が続くと、その周辺部分を腐らせたり水が浸透してきたりして、家の耐久性を弱めてしまいます。

塗膜が剥がれている・膨らんでいる

壁を触ると、ぺりぺりと塗装が剥がれることがあります。また、塗膜が浮いて膨らんでいる状態も、放置していると剥がれてくる恐れがあります。
塗膜が剥がれると、下地が露になり直に雨風や紫外線を受けてしまうため、劣化の進行を早めてしまいます。

シーリング剤が剥がれている

シーリング剤はコーキング剤とも呼ばれ、ヒビ割れやサイディングの目地を埋めるのに使われるゴムのような塗料です。お風呂のタイルのつなぎ目などを想像してもらえればお分かりかと思います。
そのシーリング剤が剥がれていると、隙間から水が浸透しやすくなります。

ヒビが入っている(クラック)

外壁や屋根にヒビが入っている状態をクラックと言います。チョーキングよりさらにひどくなった状態で、割れ目に水が入ったりそこからさらに外壁が割れたりしやすいです。建物への被害が大きくなるため、すぐに対処が必要な状態です。

漆喰が剥がれている

漆喰は屋根の瓦を固定したり接着するために使用します。この漆喰が剥がれてしまうと、瓦が固定されなくなり風で飛んでいってしまう可能性もあります。日本では台風が多いため、強風により飛ばされた瓦が他へ被害を及ぼすこともあり、危険な状態です。

外壁・屋根塗装の費用相場

外壁塗装と屋根塗装を同時に行なう場合、約100~140万円程掛かります。
それぞれ単体でおこなう場合でも60~100万円程が目安ですが「塗装する面積」と「使用する塗料」によって金額は異なりますので、実際の費用を知るには必ず見積もりの請求を行なってください。

40㎡ 約20~40万円
80㎡ 約40~90万円
120㎡ 約60~100万円
160㎡ 約80~130万円
200㎡ 約90~160万円
240㎡ 約120~200万円

外壁塗装・屋根塗装は定期的なメンテナンスが重要

外壁・屋根塗装は被害が出てから行なうことが多いですが、気付いた時には遅いという場合もあります。長く住むことを考えているご家庭は尚更、定期的なメンテナンスをすることをおすすめします。
ぬりますハウスでは、既にお悩みがある方はもちろん、今塗装するべきか分からないという方にも適切にアドバイスをさせていただきます。
工事をご希望の場合は、お家の状態をしっかりと調査した上で最適なプランをご提案いたします。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP